アミノインデックス

アミノインデックス

アミノインデックスとは

アミノインデックスとは

現在は、がんであるリスク(可能性)を評価する、「アミノインデックスがんリスククリーニング(AICS)」検査が可能となりました。

アミノインデックスがんリスククリーニング(AICS)について

アミノインデックスがんリスククリーニング(AICS)について

アミノインデックスがんリスククリーニング(AICS)とは、血液中のアミノ酸濃度を測定し、健康な人とがんである人のアミノ酸濃度のバランスの違いを統計的に解析することで、がんであるリスク(可能性)を評価する検査です。

現在、測定可能な性別別がんの種類と検査費用について

現在、測定可能な性別別がんの種類と検査費用について

 

男性5種

胃がん、肺がん、大腸がん
前立腺がん、膵臓がん
26,000円(税別)

女性6種

胃がん、肺がん、大腸がん、乳がん
子宮がん、卵巣がん(※)、膵臓がん
26,000円(税別)

(※)子宮がん、卵巣がんについて

(※)子宮がん、卵巣がんについて

子宮がん・卵巣がんは、子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がんを対象としています。

AICSを受診すれば、他のがんに対する検査は必要ないのですか?

AICSを受診すれば、他のがんに対する検査は必要ないのですか?

AICSは、今までのがん検診とは異なり、血液中のアミノ酸濃度からがんのリスクを評価する新しい検査です。
今までのがんに対する検査と併用することで、がんを見つけだせる可能性が高くなると考えられます。
その他の検査も受診されるかは、医療機関の医師とご相談ください。

AICSは、定期的な検査をオススメ致します

AICSは、定期的な検査をオススメ致します

この検査は、採血を行った時の、がんであるリスクを評価する検査です。
生涯に渡ってのリスクを予測するものではありませんので、定期的な検査をオススメ致します。

検査の対象者について

検査の対象者について

AICSは、下記年齢の日本人を対象とした検査です。(妊娠中の方を除きます。)

胃がん、肺がん
大腸がん、乳がん

(対象年齢)25歳~90歳

前立腺がん

(対象年齢)40歳~90歳

子宮がん・卵巣がん

(対象年齢)20歳~80歳

受診前の注意点

受診前の注意点

  • 検査の為の採血は、食事後8時間以上あけ、午前中に受診してください。
  • アミノ酸のサプリメント、アミノ酸含有スポーツ飲料、アミノ酸製剤、牛乳・ジュースなども食事同様にお控えください。
  • 妊娠されている場合、AICS値に影響がありますので検査は受けられません。

がん検診のすすめ

がん検診のすすめ

近年、がんの診断技術や治療法は急速に進歩しています。
早期にがんを見つけ、早期に適切な治療を行うことにより、がんによる死亡のリスクを減らすことができることから、定期的ながん検診による早期発見が重要です。