ADM(遅発性太田母斑)治療

ADM(遅発性太田母斑)治療

後天性真皮メラノサイトーシス・両側性太田母斑などとも呼ばれています。
女性の10歳代後半~20歳代から出てきます。
両頬にできることが多いので、肝斑と間違えている方が多くいます。
治療可能な大人あざです。

  • 鼻や額の横側にもできることはあります。
  • 肝斑を併発していることがあります。
    その際は、当院で改善例があるのでご紹介いたします。
  • 照射後、2~3週間テープを貼っていただきます。
 

料金

料金

料金は全て税別です。

10×10mmあたり 

8,000円

頬など 

1回 30,000円~50,000円

※数ヶ月後、3回前後の照射が必要です。
※美白コスメ・サプリメントの併用をお願いします。